兼ねてから準備をしておりました、一般社団法人「高知サマサマCCRCセンター」の発足会を12/21(木)サマサマCCRCセンターの事務所でありコミュニティスポットでもある「カフェ・サマサマ」にて行いました。
発足にあたっての説明の後、意見交換をし、今後の活動について大変参考になりました。

初心忘れるべからず…ですので、ここに書き留めておこうと思います。

移住やCCRCの話しは日本全国各地でネットなどで発信されている。
ただ、移住者の身になっている組織は本当にほんの一部である。
高知サマサマCCRCセンターが、その多くの中の一つにならないように願う。

移住をしたいと考えているが、ハードルが高いと思っているシニアの方の理由の1つに、子供さんやお孫さんのことがある。
一緒に移住することはなかなか難しくても、夏休みやお正月に「おじいちゃん、おばあちゃんが居る高知に行きたい」と思ってくれるようなアクティビティなども必要ではないでしょうか。

高知に移住してきている方の価値観
例えば、「安心安全な食べ物を食べたいし、県外に居る親戚知人にも送りたい」
わざわざ不便を求めて(自給自足)来ている方も多い

また、本来であれば、第三木曜日は「高知の食を考える会」の月一の会合であった時間。定例会の予定で出席したメンバーには苦言を頂戴しました。

貴重なご意見、心を痛めながらの苦言も大切です。本当にありがとうございます。

2018年1月25日ランチ説明会

高知サマサマCCRCセンター発足後、説明資料も仕上り、改めて説明会を行いました。

高知県内の有識者が集い、アクティブシニア(元気な高齢者)の移住の話題を中心に、広く「移住」についてや、高知の魅力について有意義な意見交換を行いました。

アクティブシニアの移住を推進していくための課題や、私たち高知県民が今一度高知の魅力について知る必要がある!といったような力強い意見をいただくことができました。
現在議事録をまとめております。こちらのブログでも発表したいと思いますのでお楽しみに!