高知サマサマCCRCセンターが主催する、移住を考えるための高知ツアー!
今回は参加者10名。大阪市 仙台市、神戸市、鎌倉市などの都市部からお越しくださいました。感謝!

11月14日午前8時30分 高知サマサマCCRCセンター駐車場集合し、いざ出発。

まず1か所目は鍵山、井倉の案内で4台の車に乗り込み、高知市池にあるオーガニックマーケットへ 。午前9時到着。オーガニックマーケットは自分たちの手で作物を育て、商品を作り、販売をしている移住者の出店が多いので、とても参考になります。まずは、オーガニックマーケット事務局担当者からマーケットの歴史、 目的、出品等 内容の説明、移住者との関わり、つながりをお聞きした後、各店舗の出店者からの購買を通しての子育て、生業の聞き取りをしました。もちろん、お買い物タイムもしっかりととらせていただきました。

午前10時30分 香南市どぶろく工房にて岡崎社長から本業の波ブロック製造方法と ブロック業界50年の歴史をお聞きしました。岡崎社長は、現在1町3反をお一人で耕作しておりそのうちの3反を酒米として耕作しています。稲作から精米、パッケージ販売までお一人でこなしておりどぶろく製造はなんと独学!その努力が花開き、全国大会にて最高賞、優秀書を受賞しました。そんな高品質のどぶろくを造っていらっしゃる岡崎社長、御年84歳現役であると聞いて、30代から40代訪問者たちはビックリしていました香南市にも耕作放棄地50町、空き家は岡﨑社長宅周りにも5軒ある とのことです。

午前11時30分 岡﨑社長の案内で吉川村にあるシラス丼食べ放題のお店で昼食、藁焼きカツオのたたきもあり大満足でした。そのあと川添ヤギ農場に見学に行きましたがコロナの影響で見学はNGでした。皆さん柵の外からヤギを撮影していました。

午後1時30分 南国市才谷へ坂本龍馬才谷保存会のメンバー浜田さんが小水力発電の仕組み デモンストレーションを見学、そのあと前田会長とメンバーの方々との 交流。歴史ある坂本龍馬先瑩の土地に訪問者皆感じるものがあっったよう です。

午後3時30分 高知市鏡吉原にあるクレソン畑を見学。清らかな谷川の水で自然栽培にて 収穫されたクレソンを食味させていただく。また菊芋、落花生の畑を見学、収穫から販売まで行程を畑の持ち主伴さんからご説明いただきました。

 

午後5時からは高知市春野に向かい、空き家や耕作放棄地を見て回りました。
高知市街地から車で30分の条件で、田舎暮らしが叶う場所があることに参加者の皆さんは感嘆の声を上げていました。

参加者の中での宿泊者5名の皆さんは「はるのの湯」にチェックイン。

その後、午後6時から8時 は、東京より9年前に移住されクレソン畑とシイタケ栽培をしている伴伴彦さんによる講演を開催。その後はお楽しみの交流会!土佐あかうし、四万十ポーク、南国才谷の猪BBQなど、高知の美味しいものを囲んで和やかな時間を過ごし、8時10分にお開きとなりました。

明日15日は各人高知を自由散策

南国土佐「自立農業」訪問ツアー

高知で農業を始めるためには?
本当にうまくいくの?
資金、土地、スキルは…?

高知で就農した先輩にリアルな体験談を聞けるツアーです。

2020年11月22日 車両貸し切り「ごめん・なはり線」開催!

鉄道の車両を借り切っての日帰りツアー!
高知ではこんな贅沢な「遊び」が叶います。

ためしに、どんなことになるだろうか?とサマサマCCRCセンターでツアー企画をしてみました。

当日はお天気も大変良く、気候も穏やかでツアー日和でした。
ソーシャルディスタンスの配慮をして万全の体制で皆さんを迎える準備を行いました。

南国市ごめん駅で集合し、田野町まで電車にゆられながら、そして三味線の音色を楽しみながら食事を満喫。

太平洋を望みながらのゆったりとした時間を、参加者26名で分かち合いました。

電車貸し切り「ごめん・なはり線」11/22参加者募集中!

月に一度開催している高知移住者交流会。今回は「ごめん・なはり線」を貸し切っての開催です。

車両一両をまるごと貸し切り。太平洋の景色と南国土佐の秋風を感じながらの、土佐東方見聞録でお送りいたします。

車内では、「さかい夫婦の三味線演奏」や、
全国どぶろく大会で最優秀賞を受賞した「どぶろく工房香南」の大吟醸新酒試飲大会を行います!

●日程 2020年11月22日(日)
●出発 土佐くろしお鉄道 後免駅10:55
(乗車に間に合うように集合ください)
●参加費 5,000円(運賃・昼食・保険料込み)
●参加人数 26名様限定(ソーシャルディスタンス確保のため。ご了承ください)

定員に達し次第締め切りますので、ご応募はお早めに!