■ 講座の概要
今から150年以上前、現在のコロナ禍以上に混乱し、国の形すら変わろうとしていた幕末・維新の時代。
坂本龍馬と共にその時代を駆け巡った人物、そして事業を成すための事柄等を高知在住の郷土歴史家に深く掘り下げて、語っていただく講座を開催いたします。

■ 講座のねらい
坂本龍馬が残した言葉「日本を今一度洗濯いたし候」をかみしめ、龍馬の志、行おうとしていた事柄を学び、龍馬と共に生きた人物の足跡を辿ります。激動の幕末はコロナ禍以上のカオスであり、様々な問題を抱える高知の再生につながるアイデアがきっと見つかると思われます。
また受講していただいた皆様には高知にお越し頂いて、土佐学講座を現地で体験いただくことも計画しております。龍馬の故郷 再発見。

開催時期令和4年1月29日(土)~2月26日(土)
場所ZOOMを利用したオンライン開催
開催曜日土曜日
開催時間帯13時30分から(90分)
開催回数全5講座
受講費オンライン全講座受講費 5,500円(資料配布込)
講座終了後オンライン懇親会予定しています。
お問い合わせ一般社団法人 高知サマサマCCRCセンター
tel:088-802-6616
fax:088-883-0121
mail:info@kochi-ccrc.com

 

日程講師テーマ
1/29豊田 満広(中岡慎太郎館 学芸員)「時勢論」に込めた中岡慎太郎の新国家構想について
2/5中村 茂生(高知近代史研究会 会長)明治を生きた海援隊士ー石田英吉の生涯
2/12森本 琢磨(高知市立龍馬の生まれたまち記念館 学芸員)坂本龍馬と故郷の同志たち
2/19今井 章博(土佐史談会 副会長)長崎での龍馬と彌太郎、大坂稲荷神社について
2/26今久保 約雄(前高知県香美史談会 会長)坂本龍馬最後の帰郷とライフル銃

 
【お申込み方法】

①インターネットからのお申込み
下記のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

②FAXでのお申込み
下記の申込書(PDFファイル)にご記入の上、FAXでお申し込みください。
 
【受講方法】

・開催前日までにメールにて視聴用URLをご案内します。
・受講に使用するパソコン・スマホ・タブレットなどには、事前にZoomアプリの最新版のインストールをお願いいたします。
・受講当日はインターネットに接続できる環境をご準備ください。
・Zoomの使用については、事前に各自でご準備をお願いいたします。
 


画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

>お申し込みはこちらから